ワイツ体験館「こもれび」

ハイブリッドソーラーハウス
ワイツ体験館「こもれび」
子供たちが巣立ち、仕事も無事勤め上げた後、
第二の人生を過ごす「終の棲家」。
無駄なものをそぎ落とし、必要なものだけを身の回りに置く生活。
そんな暮らし方を想定して創りあげた平屋の家「こもれび」。
開放的で変化にとんだ空間が、豊かな心を育みます。
komorebiPhoto

hshImg

高気密&ダブル断熱そしてハイブリッドソーラーにより、冬暖かく・夏涼しい温度のバリアフリーの家。太陽熱を床に蓄熱して1階全部を床暖房するから、家中丸ごと24 時間暖房。
輻射熱で温めるから、空気も汚さず、クリーンな環境で健康的。
真冬でも裸足で歩けます。ぜひ、靴下を脱いでこの心地よさを体感してください。
大切な家族を守る家
それなのにこんな不快な症状に悩まされていませんか?
  • ぜんそくやアトピーで悩んでいる
  • 脳卒中、心筋梗塞、高血圧などが心配
  • 毎年、花粉症で悩んでいる
  • 肩こり、腰痛がある
  • ストレスが溜まることが多い
  • 夏、暑くて眠れない
  • 冬、寒くて眠れない
  • 冬場のトイレや浴室が寒い
  • 光熱費が高い
  • 外出するのがおっくう
  • 窓やサッシに結露が出る
  • カビや化学物質の臭いがある
  • アレルギー症状で悩んでいる
  • 床が冷たい
  • ペットの臭いが気になる
  • 外からの音が気になる
  • 布団が湿気っぽい
  • 地震や外からの振動を強く感じる
  • 年々、足腰が弱っていく
  • 物忘れが多くなってきた

ひとつでも当てはまれば、住まいと健康について考え直してみる機会かも知れません。
そんな方は、ぜひ体感館『こもれび』に足をお運びください。
すべての解決策がここにはあります。

graph

「こもれび」半年間の室内温度と外気温の平均値です。
平群の厳しい冬でも、蓄熱床暖房だけで全館18℃を確保できています。
(弊社の社長家族が実際に1 年間体感居住し取った記録です)
ワイツは考えます。

高気密高断熱だけでは「家は暖かくない」

日本では、地震に強い家は研究されてきましたが、健康を守るために温かい家を作ることをしてきませんでした。その結果今でも冬の室温が10 度以下・・・といった状態が普通に存在するのです。

住宅内で何らかの事故で死亡した人は15,000 人に達しました。
そのうち浴室内での溺死が4 割を占めます。ヒートショックが原因だと思われます。

室温が18 度を下回ると循環器疾患、16 度を下回ると感染症などの発症や、転倒、怪我のリスクが高まるそうです。

又室温は、脳の若さにも影響を及ぼします。床上平均温度が16 度に住む人は、13 度に住む人と比べて6 歳若いそうです。

対策として家の高気密高断熱化や窓の性能アップなどが必要です。これらは「温かい家」を実現するためには必要な条件ですが、それだけで十分というものではありません。
建物の性能+最適な暖房設備 これによって寒い冬でも快適かつ健康に暮らせる住環境が実現できるからです。

日本の冬は寒いので、当然暖房が必要になります。ところが日本の家の暖房は今でもその大半が「部屋毎暖房」といって、エアコンにしても床暖房にしても部屋毎に設置して、使う時もいる時いる部屋だけスイッチをオンにするというものです。これでは暖房している部屋としていない部屋との温度差は全く解消できず、暖房のない廊下、トイレ、洗面所などは寒いままとなってしまいます。建物の断熱性能を上げることで多少は改善できたとしても暖房のない部屋の室温を18 度や20 度に維持することは不可能です。

どの部屋も18 度~20 度以上をキープしようとすれば、部屋毎暖房ではなく建物全体を暖房するシステムを導入するしかないのです。

ワイツは、健康寿命を延ばす『あったかい家』創りをしています。
全館床暖房のハイブリッドソーラーハウスなら、寒さの厳しい生駒・平群でも平均室温18℃以上を保てます。

健康で快適な暮らしをするためには「高気密高断熱性能」+「建物全体を暖房できる機器」をぜひ知っていただきたいと思います。

無垢材で木の温もりを

蓄熱式床暖房の床表面温度は25℃前後。温度変化が緩やかなので無垢材が使え、低温やけどの心配はいりません。無垢材の足ざわりの良さと温もりを感じてください。

photo1
開放的な空間がやわらかな温もりに

コンクリート蓄熱層からのふく射熱により、部屋ごとではなく建物全体が暖められるので2 階も暖かくなります。吹き抜けのある開放的な空間が、心まで解放してくれます。

photo2
photo3a
photo3b
photo3c
暖差のない家【温度のバリアフリー】

蓄熱式床暖房で24 時間温めるので、廊下・トイレ・洗面脱衣室・浴室も家中どこも同じ暖かさ。
温度差のない室内環境は、ヒートショックの危険性はありません。

段差のある家【バリアアリー】

『こもれび』は温度のバリアフリーの家ですが、リビングと寝室にあえて段差を設けています。
日々の生活で足腰を鍛えるという考え方です。段差のない空間も過ごしやすく魅力的ですが、日常段差に触れることでトレーニングとなりご高齢の方でも「自分でできる」ことが増えるそうです!又、目線が変わることで空間に広がりが生まれたり、収納などに有効利用できます。

photo4photo5
安心できる本当の心地よさ

今までの暖房の家では、暖房を切る夜間から朝にかけて空気中の水分が家のあちこちで結露し、カビやダニの発生を促進しています。『こもれび』は、24 時間家全体を暖めているので、結露の原因となる冷たい場所がありません。この結果、カビやダニの発生が極端に抑えられます。安心な暮らしがここにはあります。

photo6
体感館『こもれび』 宿泊体感・日帰り体感 お申込み受付中!!
太陽熱エネルギーを最大限に利用する究極のエコハウス。太陽のエネルギーを利用して給湯と24
時間全館床暖房をする「ハイブリッドソーラーハウス」とはどういうものか、説明を聞いてもなか
なか理解することは難しいと思います。
体感館『こもれび』に宿泊していただき、24 時間床暖房の心地よさを実際に体感してください。
体感しないと分からない、今までの家との違いを見つけにいらしてください。
もちろん見学だけでも大歓迎です。スタッフ一同心よりお待ちしております。
宿泊体感されたお客様の声
緑ヶ丘O 様 昨年12 月3 日(日)に体感宿泊されました。
とにかく家の中の温度が気持ち良く、優しい暖かさが身体を包んでくれます。トイレも脱衣所でも、どの部屋も同じ室温なのでストレスを感じませんでした。
足元も暖かいので素足でエアコンも使わずに過ごせました。
ベッドの下からも温もりが来るので、自宅よりぐっすり眠ることができました。
お風呂のミストサウナも心地よく、好きな音楽を聴けるのも最高!!
リビングからの障子超しの灯りに心が癒されます。
ロフトも遊び心にあふれているし、吹き抜けの高い天井が解放感があって気持ちよかった。
とても素敵な体験をさせていただきました。
photo7

このページの上へ